1. 医療・介護転職ガイドトップ
  2. 医療・介護・福祉の資格がない方へ

医療・介護・福祉の資格がない方へ

医療・介護・福祉の資格がない方へ

医療や介護、福祉の業界での人員不足は深刻です※1、2。そのため、資格を保持している職員が専門的な業務や会議を確実に行うために、その他の業務を補助してくれる職種が必要となります。そのため、資格がなくても医療や介護、福祉の現場で働ける求人が出ています。そこで、医療・介護・福祉の資格がない方が働ける仕事内容と今後、経験を積んだ後で取得可能な資格について紹介します。

専門職の助手から始めて、まずは経験を積む

医療の現場では、看護師やリハビリ専門職は国家資格を持っています。業務の内容も専門的要素が高く、知識や技術が必要とされます。しかし、そのような専門職の助手としてならば、資格がなくても働くことが可能です。私の所属する病院でも、看護助手として清掃やベッドメイク、備品の補充や食事の配膳、片付け、着替えや移動の補助などをされています。また、リハビリ助手として、治療機器の準備や設置、片付け、受付業務や予約管理などを行われています。専門職も人員不足で業務が非常に多くなってきおり、補助をしてくれるスタッフがいると非常に助かります。対象者を健康にするためにチームの一員としてなくてはならない職種だと思います。将来的に医療専門職を目指そうとされる方は間近で専門職の仕事を見ることができるため、とても貴重な経験をすることができるでしょう。しかし、待遇面では決して恵まれているとは言えず、勤務形態もパートタイマーが多いのが現状です。

補助的な仕事から始めて、資格取得を目指す道もある

介護や福祉の現場でも、資格がなくても働くことができます。私が働く施設でも、資格や経験はなくても介護をするために働く方も珍しくありません。最初は知識も技術もないため、ほとんど身体的な介助(排泄、入浴など)やレクレーションなど専門的な内容は行いません。しかし、教育を受けながら、間近で介護業務をみながら働くと、資格がなくても介護福祉士とほとんど変わらないような業務をしています。そこまで来ると、施設側からも資格の取得を勧められたり、金銭的な補助を受けられたりします。介護業界に興味のある方は、まず経験と思って施設で働かれても良いかもしれません。しかし、医療専門職と同様に、資格を持つと持たないとでは、待遇が確実に違います。そのため、将来的には介護福祉士や社会福祉士、介護支援専門員といった、介護専門職の資格を取得していくことをおすすめします。介護業界も「介護の質」という点を重要視してきています。そのため、資格を保持しているだけでなく、資格を保持した上で専門性を高めていくという医療職と同じような質の向上を求められてきています。介護の仕事を経験しながら、資格を取得することは専門性を高める意味でも非常にメリットがありますので、ぜひ資格取得を検討して見られることをおすすめします。

資格取得のメリット

医療や介護・福祉の現場で取得可能な資格がなくても可能な仕事を紹介しましたが、やはり資格を取得するメリットは大きいのは確かです。それは待遇面で顕著に現れます。そこで、医療や介護・福祉現場で働きながらでも取得可能な資格を紹介します。医療職として医師や歯科医師、薬剤師といった資格の取得はハードルが高いのが現状です。

働きながらだと、定時制学校や夜間学校などで資格が取得できることが現実的です。例えば看護師や理学療法士などのリハビリ職、柔道整復師などは定時制や専門学校、夜間学校などがあり、働きながらでも資格を取得することができます。それでも施設での実習などがあり、一定期間が休職する必要がありますので、しっかり職場の支援を受けながらの取得になります。就職先にしっかりと資格取得の意思を伝えておきましょう。

介護分野では、先ほど紹介したような介護福祉士や社会福祉士、介護支援専門員といった資格が取得できます。介護業務を行う場合は、介護福祉士の前に介護職員初任者研修や介護職員実務者研修といった研修を受けることで、専門的な知識や技術を取得していく必要があります。これらの研修も介護施設などでは業務を行いながら受けることができる場合もあります。ぜひ、就職する際に聞いてみたら良いでしょう。

医療や介護・福祉業界の仕事はこれからの高齢化社会でなくてはならない非常に大事な仕事です。人から感謝され非常にやりがいを感じることができます。紹介したように資格がなくても働ける場所もありますので、興味のある方はぜひ検討してみてください。また、待遇面などを考慮すると資格の取得は必要になります。多くの資格がありますので、自分に合ったものを選んで、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

※ 1 介護労働安定センター「平成27年度介護労働実態調査」より
※ 2 日本医療労働組合連合会「看護職員の労働実態調査報告書」より

  1. 医療・介護転職ガイドトップ
  2. 社会復帰を目指す女性の方へ