1. 医療・介護転職ガイドトップ
  2. スキルアップを目指す方へ

スキルアップを目指す方へ

スキルアップを目指す方へ

医療や介護の現場で働く中で、同じような毎日を漫然と繰り返してはないでしょうか?医療介護分野は日々新たな技術や知識が生まれています。その中で、同じような業務を繰り返していてもスキルアップは図れません。それでは、そのような現状はあなた自身に問題があるのでしょうか。もちろん個人の努力や意欲は必要です。しかし、多くの場合、医療介護の専門職の方はスキルアップをしてもっと人の役に立ちたいという思いを持っていると思います。では何が問題なのでしょうか。それは職場の雰囲気やシステムかもしれません。

スキルアップには職場の環境や設備も重要

職場に経験年数の長いベテラン職員やワンマンな経営者ではないですか?その人たちは自分自信の考えに固執して新しいことを取り入れたり、色々な技術や知識を積極的に学ぼうとしたりしますか?もしそうでない場合は非常にスキルアップをしにくい職場と言えます。また、職員教育に力を入れていなかったり、研修や設備投資に資金を出すことを惜しんだりするような職場はシステム的にスキルアップには向いていません。

現在の医療介護業界は介護ロボットやVR、ICTなどといった最新のテクノロジーを導入した施設も増加しています。また、車椅子ひとつとっても、日本で通常使われている調整ができないような標準型車椅子は欧米で言えば備品用の車椅子で、利用者の体型や障害にあった車椅子やクッションを利用するのは当たり前のことです。皆さんの施設はどうでしょうか?最新のテクノロジーを導入していますか?車椅子は個人に合ったものを使用していますか?実際に施設によっては、そのような環境が整っている場所も少なくありません。スキルアップを目指すのならば、最先端、もしくはそれに近いような設備や環境が整った職場で働くことが良いことは言うまでもありません。

モチベーションを高める仕組みがある職場

また、職員教育の制度が充実していたり、研修への補助金をしっかりだしてくれたりとシステムが整っている職場もあります。職場内で教育制度が整っていれば、スキルアップするのには手軽で、費用もかかりません。しかし、偏った知識や技術になってしまうリスクはあります。そうならないためには外部の研修もある程度受ける必要があります。ある職場は伝達講習をしっかりするという条件で、年に10万円までの研修費用を出してくれるといっていました。そこまで多くの補助は出なくても、研修に積極的に行かせてくれるような職場はスキルアップを目指しやすいです。外部講師料を払うより、職員が研修に行ってスキルアップを図りながら、講師役を担う方が職員にも会社にもメリットです。このように、職員がスキルアップするためのモチベーションを高めてくれるような職場への転職もオススメです。

他職種から学ぶ

また、現在の職場の他職種との連携はどうですか?自分の専門分野でのスキルアップはもちろん大切です。しかし、今からの時代、どのような分野で働いたとしても他職種との連携、協働は避けては通れません。そのため、自分の会社や地域の専門職同士の連携をうまく図っている職場では、多職種連携のスキルやチームケアのスキルの向上を図ることが期待されます。設備やシステムといったハード面の充実はもちろんですが、人と人との関係性といった、ソフト面での充実も欠かせません。

自身の熱意・情熱が最も重要

以上に挙げたように転職はスキルアップのチャンスでもあります。しかし、スキルアップに最も大事なものをまだ紹介しておりませんでした。スキルアップに最も大事なもの、それは皆さんの人の役に立ちたいという熱意、情熱です。スキルアップについて悩んだり考えたりされている時点で、皆さんには最も大事なものが備わっていると思います。ぜひ、その資質を生かしていただくためにもより良い職場を探してみてください。

  1. 医療・介護転職ガイドトップ
  2. 社会復帰を目指す女性の方へ