1. 医療・介護転職ガイドトップ
  2. 業界ニュース
  3. 障害者スポーツと理学療法士・作業療法士について-役割や関わり方

障害者スポーツと理学療法士・作業療法士について-役割や関わり方

なかなか明るいニュースの少ない、現代の日本にとって、間違いなく、活気づけてくれるイベントとして2020年の東京オリンピック・パラリンピックが挙げられます。
そこで、今回は、日頃障害を持つ方のリハビリテーションを行っている、理学療法士や作業療法士が、パラリンピックや障害者スポーツにどのように関わっているのかという点を紹介していきたいと思います。
まずは本記事では障害者スポーツに関する理学療法士・作業療法士役割や関わり方についてです。

障害者スポーツに関わるにはどうしたらいいか?

理学療法士や作業療法士が障害者スポーツに関わるには、様々な方向があり、これが正解といったものはありません。自分の担当している患者さんが興味を持ったところから支援しても良いでしょうし、各都道府県に設置されている障害者スポーツ協会などの会員になり、活動していくことも良いでしょう。

各地で障害者スポーツの競技会などではボランティアスタッフなどで理学療法士や作業療法士の募集があることもあります。興味がある方は、とにかく、まずは、障害者スポーツにどんな形でも良いので関わっていく機会を持つことが重要です。

そのような、取り組みの中で、人脈を広げていけば、新たな関わりが広がってくることも少なくありません。
実際に知人の療法士で、障害者スポーツ競技会で知り合った選手の専属トレーナーとして活動しており、その中で、その選手が日本のトップクラスの選手にまで成長しているケースもあります(そうなればパラリンピックも夢じゃない!)。

とにかく、興味がある人は、チャレンジしてみましょう。きっと選手たちは情熱を持ってサポートしてくれる療法士を待ち望んでいるはずです。

なぜ理学療法士や作業療法士が障害者スポーツには必要なのか?

健常者のスポーツにおいても、障害者のスポーツにおいても、高いレベルでのスポーツ活動を行なっていくためにはトレーナーの役割が重要になります。
健常者のスポーツ活動においては、理学療法士や作業療法士などの療法士が必ずしもトレーナーとして必要な役割を果たす職種ではないと思います。なぜなら、健常者は体育学を中心にした、トレーニング理論に基づき、パフォーマンスを十分に発揮するためのトレーニングを行なっているからです。
現状、健常者のトレーナーは理学療法士や作業療法士ではなく、体育学を専門に学んだスポーツトレーナーが活躍している割合が多いとおもいます。

一方、障害者スポーツにおいては、理学療法士や作業療法士などの療法士が主役として活動していく必要が有ります。なぜなら、療法士は日頃から疾患に基づいて、障害を持った方へのアプローチを行なっているからです。
障害者スポーツでは、根本的に障害の原因となった疾患を理解する必要があります。理学療法士や作業療法士などの療法士は、そこから、機能評価や動作分析を行っていくことで、スポーツのパフォーマンス向上につなげることができます。

このように、障害者スポーツにおける療法士の役割は、非常に重要であり、障害者スポーツを行なっている競技者は療法士のサポートを必要としているのです。

チームを作ることも可能!地域でもスポーツ活動

障害者スポーツの関わり方で実践例を少し紹介したいと思います一つは、最初に紹介したような、自分の担当患者様で関わっていくための具体例です。

高校生で脳梗塞を発症した片麻痺の患者様の担当をしている方の話ですが、その患者様は元々、野球が好きでした。
回復期病院から退院後、在宅生活や復学を目標にリハビリを行っていたのですが、もう一つ、「野球がやりたい」という思いを密かに持っていました、それを知って、外来で野球の練習や地域にある野球チームの紹介、練習参加の補助を行いました。
その結果、野球チームに所属し、非常に生き生きと活動しています。活動性も向上し、在宅生活は順調、復学への意欲も高まり、無事復学も達成しました。

このように、スポーツは健常者でも障害者でも、非常に生活を豊かにする活動の一つです。療法士は、障害者の社会参加を促す専門職として、障害者スポーツを紹介するといった非常に重要な役割も持っていると思います。

また、広島にある、アフィーレ広島というアンプティサッカーチームは理学療法士が代表をしております。このように、療法士自らがチームを作ることも可能です。

障害を知り、活動を支援する療法士なら、障害者スポーツチームを作ることだって可能なのです。

地域の障害を持った高齢者とグランドゴルフチームを作った療法士もいます。活動の仕方は様々です。是非興味のある方は、いろいろな関わり方を探してみてください。

続きは、パラリンピックにもう少し、焦点を当てていきたいと思います。

医療・介護の求人サイトを探す

マイナビ医療介護のお仕事

マイナビ医療介護のお仕事

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人情報が特に充実
2年連続で転職サイトランキング総合1位に輝く「マイナビ転職」など、多数の人材サービスを提供するマイナビが運営する、安心のサービスです。※2009年1月ゴメスコンサルティング調べ

介護専門求人サイト〜かいご畑〜

介護専門求人サイト〜かいご畑〜

介護職ならかいご畑がオススメ!
介護専門求人サイト〜かいご畑〜は介護専門の人材コーディネーターが転職をサポート!また、働きながら¥0で資格も取れる「キャリアアップ応援制度」で、介護士としてのスキルアップも実現できる制度もあり!

メドフィット介護求人

メドフィット介護求人

介護、介護福祉士の求人多数!最短3日でスピード入職も可能
メドフィット介護求人は、介護、介護福祉士に関する転職・求人情報を掲載。転職エージェントが現場に直接足を運び情報収集するから、生の声が直接聞ける!また無資格・ブランクありの方の転職成功例が多数あり。

カイゴジョブ

カイゴジョブ

月間利用者が40万人以上の介護従事者さんが利用
安心の上場企業が運営する「カイゴジョブ」は月間利用者が40万人以上の介護従事者さんが利用する国内最大級の求人サイト。

  1. 医療・介護転職ガイドトップ
  2. 障害者スポーツと理学療法士・作業療法士について-役割や関わり方