1. 医療・介護転職ガイドトップ
  2. 医療・介護業界未経験の方へ

医療・介護業界未経験の方へ

医療・介護業界未経験の方へ

医療介護業界は国家資格を持っている専門職が働く場所だと思っていませんか?確かに、人の命を預かったり、生活の大部分を担ったりと責任のある仕事であることに間違いありません。それでこそ、非常にやりがいがあり、人に自慢できる仕事でもあります。そんな医療介護業界に未経験資格でも働ける方法がいくつかあります。今回は、医療介護業界が未経験の方に、資格がなくても働ける環境や職業について紹介します。

医療の現場では補助的な仕事に携わることが可能

医療の現場では、病気や障害の治療を必要とする方をサービスの対象とするため医学的な知識が必要になります。そのため、医師や看護師、薬剤師など医療の専門職が多く働いています。しかし、そこでも経験がなく、資格を持たなくても働くことができます。医療職の現場で未経験者が無資格で働く場合は看護助手として働くことが多いとおもいます。看護助手は注射や点滴などの医療行為はできません。器具の滅菌や片付け、患者の介助、環境整備など看護業務の補助を行います。医療行為に追われる看護師の手の届かない業務を行う縁の下の力持ちです。施設によっては介護士と同じ内容の仕事を看護助手として行う場合もあるようです。私の家族にも看護助手がいますが、医師や看護師と一緒の環境で働いており、看護師が行う業務内容はほとんど理解しています。そのため、看護師への転職などにも非常に役にたつ経験ができていると思います。また、介護福祉士やヘルパーなどの資格を持っていれば、看護助手としての活躍の場も広がっていけますし、将来的な介護職への転職にも非常に有利な経験ができるでしょう。

介護施設では介護職として働くことが可能

介護施設では資格や経験がなくても介護職として働くことができます。介護の業界での国家資格としては介護福祉士があります。しかし、介護福祉士の資格がなくて、介護の仕事が未経験でといって介護の仕事を行ってはいけないということはありません。唯一、訪問介護サービスは介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得する必要がありますが、その他のサービスは特に規定はありません。そのため、人員不足の介護業界では、無資格で未経験のスタッフも多くいます。介護福祉士とは異なり、介護の知識や技術はありませんので、当分の間は食事の片付けや、ベッドメイク、移動補助などが中心で、入浴や排泄、アクティビティなどは補助的に行う場合が多いでしょう。しかし、経験を積み、知識や技術が備わって来れば、介護福祉士と変わらない業務を行うことも可能です。しかし、どうしても待遇面では差が出てしまいます。そのため、未経験で入って、しっかりと経験をつめれば、資格取得を考えてもいいでしょう。私の職場では未経験者でも介護業務を行えるだけの経験を積んで、介護職として適正がある職員には、金銭面で資格取得を支援します。人材不足が深刻な介護業界では、優秀な人材の確保に必死ですので、私の職場のような例も珍しくはないのではないかと思います。ぜひ、未経験でも介護の経験をしてみて、資格取得を支援してくれるような職場への就職をおすすめします。また、介護業界でも外国人労働者の増加や介護ロボットの普及※1が想定され、より専門性が必要となっていきます。そのため、将来的には国家資格の取得を目指した方が賢明かもしれません。

未経験から経験を積んで、資格取得を目指す

以上のように、医療介護業界が未経験でも、人材不足の中で、求人は比較的多くあります。しかし、待遇面では国家資格を始めとする専門的な資格を持っていることに越したことはありません。業務を行いながらでも、資格取得を支援してくれるような職場はありますので、未経験での経験を積んでいき、資格を取得して、医療介護業界での活躍を目指してみてはいかがでしょうか。

内閣府「介護ロボットに関する特別世論調査」※1より

  1. 医療・介護転職ガイドトップ
  2. 社会復帰を目指す女性の方へ