1. 医療・介護転職ガイドトップ
  2. 医療・介護に関する資格
  3. 理学療法士と作業療法士の違い

理学療法士と作業療法士の違い

「リハビリの先生」といえばどんな人を思い浮かべますか?最近はテレビでもリハビリの場面が映る機会が多くなり、以前よりイメージしやすくなっていると思います。しかし、同じリハビリの先生でも、職種によって仕事の内容は大きく異なります。そこで、理学療法士と作業療法士の違いをわかりやすく紹介します。是非参考にしてみてください。

理学療法士は基本動作の専門家、作業療法士は応用動作の専門家

理学療法士は一言で言うと「基本動作の専門家」です。病気や障害などで、起きる、座る、歩くなどの基本的な動作が障害された場合に、動作を妨げている要因を調べ、動作の改善に向けた治療を行います。治療には痛みを和らげたり、障害の治癒を促したりする物理療法や筋力や関節の動きを改善する運動療法などの理学療法を中心に行います。また、怪我や病気につながる動作を改善し、障害の予防を目的として治療を行うこともあります。

作業療法士は一言で言うと「応用動作の専門家」です。人が生きがいのある生活を送るには基本的な動作だけでは成り立たず、家事や仕事、趣味活動などに必要な応用動作が必要です。そのために、作業療法士はトイレや入浴、調理や手芸といった様々な作業を通じ、応用動作を行うための練習をします。さらに、応用動作から、外出や就労、地域活動などの社会参加につなげる役割も果たします。また、精神疾患や認知症に対するリハビリができるのも作業療法士の特徴で、作業を通して社会復帰をする手助けを行います。

表 理学療法士、作業療法士の目的と仕事内容
理学療法士 作業療法士
目的 ・ 基本動作(立つ、歩くなど)の獲得
・ 障害や病気の予防
・ 応用動作(家事、調理など)の獲得
・ 社会参加(外出、就労、習い事など)支援
内容 ・運動療法
・物理療法
・座位練習
・歩行練習など
・入浴練習
・調理練習
・外出練習
・認知症リハビリなど

将来性がある資格は理学療法士?作業療法士?

理学療法士の就職先としては、病院やクリニックといった医療機関が主になります。最近は介護保険施設などの介護保険関連の施設で働く理学療法士も増えています。さらに動作の分析やトレーニングが行えるため、スポーツ関連の施設やチームで働く理学療法士もいます。また、近年は健康を保つために、子供から高齢者まで障害の予防を重要視しています。そのため、理学療法士は、学校や産業保健領域、介護予防分野でも活躍しています。

作業療法士の就職先は、理学療法士と同じ医療機関や介護保険関連の施設で働く事が多いです。理学療法士と異なるのは、精神科の病院で就職する場合も多いという点です。また、生活全般に関わるため、発達障害を持つ子供の就学や障害者の就労を支援する場合もあります。

両資格とも病院やクリニックで働く場合が多いですが、リハビリを必要とする、整形外科、呼吸器科内科、循環器内科などの診療科はほとんどで理学療法士が多く活躍しており、作業療法士が関わる場面は少なくなっています。高齢化率が上がり、これらの診療科にかかる人口はこれからもふえていくでしょうから、理学療法士の活躍の場が多くなることが予想されます。

表.理学療法士、作業療法士の就職先
理学療法士 作業療法士
・医療機関(病院・クリニック)
・介護保険関連施設(介護保険施設、通所、訪問事業所)
・障害者福祉施設
・スポーツ関連
・介護予防事業
・行政機関
・医療機関(病院・クリニック)
・精神科病院
・介護保険関連施設(介護保険施設、通所、訪問事業所)
・障害者福祉施設
・行政機関
・学校

平均年収には違いがあるのか?

理学療法士と作業療法士の平均年収に違いはありません。これは厚生労働省の調査で、理学療法士と作業療法士が同じくくりになっている点からもわかります。

資格をとるには?

理学療法士と作業療法士は国家資格になります。そのため、どちらも必要な科目を履修できる養成校で3年以上学び、卒業しなければ、受験資格を得ることができません。養成校は4年制の大学や3年制の短期大学、専門学校(4年制、3年制)があります。その後、国家試験に合格すれば、免許取得ができ、晴れて理学療法士、作業療法士として働くことができます。

資格をとるには

合格率の違い

理学療法士の合格率を見てみると、以前は90%台でしたが、近年は70〜80%台で推移しており、若干難易度が上がっています。一方作業療法士の合格率見てみると、70〜80台と理学療法士と同程度の合格率になっています。どちらも、養成校でしっかり専門的な教育を受けた後に受験することになるので、比較的高い合格率になっています。

まとめ

理学療法士と作業療法士の違いや特徴がわかりましたか?どちらも、リハビリの専門職として、こらからも活躍が期待される仕事です。とりわけ、理学療法士はこれからの高齢化が進む日本において、早期予防、早期リハビリにより健康的な生活を送るためには非常にニーズの高い職業といえるでしょう。

オススメ求人サイト

マイナビ医療介護のお仕事

マイナビ医療介護のお仕事

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人情報が特に充実
2年連続で転職サイトランキング総合1位に輝く「マイナビ転職」など、多数の人材サービスを提供するマイナビが運営する、安心のサービスです。※2009年1月ゴメスコンサルティング調べ

介護専門求人サイト〜かいご畑〜

介護専門求人サイト〜かいご畑〜

介護職ならかいご畑がオススメ!
介護専門求人サイト〜かいご畑〜は介護専門の人材コーディネーターが転職をサポート!また、働きながら¥0で資格も取れる「キャリアアップ応援制度」で、介護士としてのスキルアップも実現できる制度もあり!

メドフィット介護求人

メドフィット介護求人

介護、介護福祉士の求人多数!最短3日でスピード入職も可能
メドフィット介護求人は、介護、介護福祉士に関する転職・求人情報を掲載。転職エージェントが現場に直接足を運び情報収集するから、生の声が直接聞ける!また無資格・ブランクありの方の転職成功例が多数あり。

カイゴジョブ

カイゴジョブ

月間利用者が40万人以上の介護従事者さんが利用
安心の上場企業が運営する「カイゴジョブ」は月間利用者が40万人以上の介護従事者さんが利用する国内最大級の求人サイト。

  1. 医療・介護転職ガイドトップ
  2. 医療・介護に関する資格
  3. 理学療法士と作業療法士の違い